投資信託という簡単な貯金

こんばんは!ばっしーです!外回りで都内を色々周る機会が多く、それに伴ってお昼とか各地で食べることが多いんです。六本木や麻布十番は場所柄ランチと言っても高くついてしまう場合が多いのですが、三田や神田は〈安い・美味い・多い〉が三拍子揃った店も多く、日本橋、人形町は名店の宝庫ですよね!なので、その辺のお店のこととかも今後、書いていけたらなと思います!

今回は、前回少しお話したように、少しテイストを変えて

【投資信託とは一体なんなの?】

というテーマをもとに書いて行きたいと思います。

皆さん一度は耳にしたことあると思います。各金融機関でよくCMやってますよね?

ただ、耳にはするものの実際どういうものかはわからないですし、多忙な日々の中では別に調べようとも思いませんよね?

貯金?積立?

「普通に銀行預金やってるから」

「銀行で定期や積立やってるし、違いわからないからなー」

と思う方ほとんどだと思います。

別にそれで全然いいと思いますが、そのお金

「10年後も本当に同じように使えるなんて甘いこと考えてませんか?」

別の意味でのお金の価値

お金の価値って言われたら当然、重要ですよね?何をするにもお金は必要ですからね!

ただお金には別の価値があって、その価値は毎年変動します。そしてその変動する価値に左右され皆さんは商品を購入しているわけです。俗に言う「商品の値上げ、値下げ」のことです!

高い価値のあるお金は高い商品を買えますが、低い価値のお金は低い商品しか買えません。このブログを読んでくださっている皆さんも、気づかぬうちにこの波に乗っています。

ではこれが何を意味するか!!

それぞれの違い

では少し視点を変えてお話をします。もしあなたが10年間何の情報にも触れず家の中に籠って過ごしたとします。10年後家から出たあなたは、この10年何が起きてどう変化したのか、もしかしたら世界の国のどこかが無くなってしまってたりします。

一方10年間ひたすらビジネスマンとして会社に勤務したもう1人のあなたがいるとします。毎日新聞やニュースを見て、日本経済や世界情勢にはある程度の知識があります。清濁併せ呑み良くも悪くも変化したあなたがそこにいます。

この2パターンのうち、パッと考えてどちらの「あなた」が〈お金を稼げそう!!〉だと感じますか?

こういう時僕は無理やり理由をこじつけて前者を選ぶ性格ですが、常識的な皆さんなら後者を選ぶと思います。

実は怖い定期預金の危険性

定期預金は確実に同じ金額を同じままとって置くことができ、銀行が倒産しても1000万円までは確実に回収できます!つまり使いたい時にちょっと手続きをするとそのまま預けた金額が返ってきます。ただ5年後10年後物価が上がっていたらどうしますか?

先日すき家もまた大盛り10円値上げし、クロネコヤマトも配送料を値上げしましたよね?世の中は遥か昔から物価が上がる仕組みになっています。(経済学の基本)

今は車1台の相場って大体300万から400万くらいだとおもいます。将来新車がほしくてコツコツお金を貯め10年後「400万円貯まったから車を買いに行こう」とはりきって出かけたあなたの目に映るのは「車1台600万」という価格表示かもしれないです。

これが意味するのは、お金の価値が変わり、10年前では400万円の価値があったお金は、10年後では実質300万円程度まで減っているということなんですよ。

じゃ投資信託を始めろというの?

もちろんそういうわけではありません。それぞれに合った貯め方があります。投資信託は、預けたお金が確実に返って来るわけでもないですし、その時々の情勢によります。

そもそも投資信託の仕組みは、お金を「経済と金融のプロ」に預け、預かったお金をプロが手数料等を差し引いて運用します。皆さんも家を建てる時はお金を払ってハウスメーカーとかにお願いしますよね?投資信託はそれのお金版で、お金を払ってお金を増やしてもらいます。

彼らは我々が持ち得ない[手段・情報・思考]を用いて日々お金を増やします。なぜならお金を増やさなければ、彼らの仕事の意味が無くなり生活できなくなるからです。家を立てれないハウスメーカーなんて誰も行かないじゃないですか?

日々【値上げ】【株価上昇】等のワードが飛び交う世の中で、自分のお金だけ上がらないなんて世の中おかしいですよね?

このストレス社会の中、自分だって懸命に働いてい稼いだお金。そのお金にも同じように働いてもらわないと不公平です。

口座の中でなんのストレスもなく過ごして、いざ使おうとしたら

お金:「あ!ごめんwww今の俺それ買えるほど強くねーわwww」

なんて理不尽過ぎ。

意外と始めやすい投資信託

いざ実際に始めようとしても、大きいお金を預けたりするのは怖いですよね?

投資信託って実は1万円からでも始められるんです。なので、「投資信託ってどんなもんなの?」「あーこれならやれそう」とか「これやるなら定期でいいわ」と感じるためにもまずは少額でやるのが良いと思います。また、毎月5000円ずつ積立していくものもあり、より安全で手軽に始めることもできます。

まとめ

今回はちょっと長めの記事になりました。

皆さん「給与上がればいいなー」とか「会社の休み増えればいいなー」と思ったりしたことありませんか?思ったことない危篤な人はなかなかいないと思います!

今世の中では労基がうるさく、従業員の環境が優先される傾向にあります。じゃ会社はそれをどこでカバーすると思いますか?大体は商品の価格や内容でカバーします。

つまり皆さんが給与上昇や休日を望むことは間接的に皆さん自身の定期預金を減らそうとしていることと同じです。

それを踏まえ、今一度考えてみてはいかがでしょうか。

次回は、これに続く形で私のおすすめの投資信託の商品を「こんなのあるんだー」程度にお伝えできればと思います!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする