仮想通貨の価格の仕組み

こんばんは!ばっしーです!最近はちょっとビットコインの方で稼いでてこちら方が少し疎かになっておりました…。仕事中も時々相場見たりしてますが、とある先輩は会社休んでビットコインの運用をしております(笑)

そこで今日はビットコインを約1週間運用して感じたこと、トレードのノウハウの一部を皆さんに還元させて頂こうと思います。

題して

ビットコインの価格とトレードのコツ

僕のブログを読んでからビットコイン始めた人が何名かいらっしゃったようで嬉しいです。ツイッターでも状況をちょくちょく載せていたので、どういうものか、どれくらい稼げるのかのイメージがついていらっしゃったと思います。

そう、ビットコインは非常に稼げるんです!!!!

当然、リスクもありますが、投資商品である以上リスクはつきます。普通にお金を稼ぐ時もリスクは付きますよね?通勤途中事故にあったり、仕事中事故に巻き込まれたり、ストレスから疾患を抱えたり。投資でも仕事でもリスクからは逃れられません。

ではビットコインはなぜ稼げるのでしょうか?それにはまずビットコインの価格決定の仕組みから話さないといけません。

ビットコインの価格の仕組み

皆さんも最近ビットコインが150万を超えた!!というようなニュースを見ると思います。そもそもなんで値段が変化するの?とお思いの方もいらっしゃると思います。ビットコインの値段が変化する理由としては前にも記載しましたが人々の需給によります。これは円やドルと同じですね。

例えば1人の人が「このコイン1万円でかいます!」と発言したとします。するとそのコインの価格は1万円になります。今度は別の人が「いやいや、それは非常に有能なコインだから2万円出すよ!」というとコインはたちまち2万円になります。しかしその人が「やっぱりこのコイン使いにくいから売るわ!」と言うとある人が「じゃ1万7千円なら買うよ!」これによってコインは1万7千円になると共に、2万円で買った人は3千円の損失が出ます。

これがコインの価格が決まる仕組みでありトレードの損益になります。

トレードの基本

ビットコイン等の仮想通貨の取引は中央取引所のようなものがないので完全に需給のバランスによります。よって需要が高ければ価格は高騰しますし、逆に不要だと判断されれば投げ売りされ価格は一気に下落します。今回であれば、「ビットコイン先物上場」のニュースで今日は一時期50万円程値をあげましたよね!

ビットコインも情報を用いたマネーゲームということです。

取引の情報操作

マネーゲームは情報戦です。つまり誰かが「いまこのコイン買うと儲かるぞ!」て言うと少なからず買う人がいますよね?それによって価格を操作し、利益を生み出すこともできるんです。だからみなさんも取引する際はしっかりと情報を見極め、チャートを分析し自分の判断を信じてください!

取引のコツ

本当に基本的なことではありますがやはり情報です。投資対象のコインの性能から今後を予測します。例えばこのコインは今後決済機能が増え、こういう場面で活用されるだろう。だから数年後必ず値上がりするだろうと。皆さんご存知のとおりビットコインがこの予測がしやすいです。

また現在安い通貨は、今後値上がりする可能性が高く、まだまだ一攫千金のチャンスがあります。コインは価格も確かに指標にはなりますが、上昇率の方が稼ぐ時に一役かってくれます。

今回僕が買ったモナコインは1コイン900円で買い今は2000円ほどです。つまり1100円の値上がり。これを1000コイン買っていたとすると…?夢がありますよね!

まとめ

仮想通貨はまだまだバブルです。みなさんも無茶な投資はしない方がいいと思いますが、大きく利益を得たいなら、多少のリスクは背負ってください。楽してお金持ちにはなれません。

ただし、大きく設けた場合雑所得として課税されますので半分が税金に持っていかれます!なので利益確定のタイミング等はしっかりと見極めてくださいね!

次回は、どちらを書こうか検討中ですがまだビットコインシリーズ書きたいなーと!

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする