現物資産の絶対性

こんばんは!ばっしーです!最近、アフェリエイトのサイトでふと見たんですが、先月の高額報酬者ランキングみたいなのがあって、トップの方は1200万円程の収入があったんですよね!しかも単月ではなく毎月なんです!!やはりアフェリエイトブログは非常に稼げるのですが、そこにたどり着くまでには当然、多くの時間・コスト・努力・センス等が必要で、

(ブログ=簡単に稼げる)

という公式は間違いではないのですが、そこをイコールで結ぶまでに多くの過程と並々ならぬ苦労、努力があるんですよねー。僕みたいに書きたいこと書いてるだけじゃダメってことですね!(笑)

ですが今日も書きたいこと書きます(笑)

最近は攻めの資産運用を行っているのですが、やはり一部は守りの運用として、絶対資産も保有するようにしております。それが今日ご紹介する

純金積立が選ばれる理由

金は昔から、希少性と美しさで世界共通の資産でした。約50年程前には、金本位制が取られ、世界各国の紙幣も金を基準として価値を決められていたりもしました。日本円を他国のお金と交換できたのも、各国において金の持つ価値が共通だったからです。
現在でも世界各地の中央銀行で準備資産として保有されています。なぜなら、ある日突然私達が保有する紙幣や硬貨が国の破綻や国際危機により、価値を失うことはあっても、金だけは決して価値を失うことは無いからです。

では金を投資目的と考えると、そのメリットとデメリットはどうなるのでしょうか?

金投資のメリットとデメリット

とは言っても「金って所詮は金属だし、紙幣や硬貨で持ってる方が結局安全じゃない??」と思う方もいると思います。

では金投資のメリットは何か。実は金が持つ特徴自体がメリットそしてデメリットになるんです。

金投資のメリット

①金はそもそも鉱物なので埋蔵量に限りがある。

金は鉱物資源であり、存在する量には限りがあります。つまり現在ある金の量以上に増やすことができないため、希少性による価値が生まれます。

※この仕組みは以前ご説明したビットコインと同じです。ビットコインも数に限りを作っており増やすことが出来ないため価値が付加されています。

②世界で価値が共通

金の価値は世界共通です。株安や、紛争などが起こると、金の価格は上昇することが多いです。リーマンショックが起こった時も、日経平均が軒並み下落する中、金の価格だけが上昇しました。

こちらは過去40年分の金の価格の推移です。戦争時や国際的な金融危機が起こっているときは金の価格は圧倒的に上がります。これは自国の通貨や、世界の通貨が危なくなっても金だけは価値が変わらないということで、皆さんが金に資産をシフトしたことを表しています。

つまり問題が起こるときほど金は存在感を発揮するのです。

【有事の金】

と呼ばれる所以ですね!

金投資のデメリット

これほど有能な金でもデメリットもあります。これはメリットの裏返しになる部分なんですが

①金の取引は米ドルで行われるため円建て価格は為替の影響を受ける

金の取引は基本的にドルで行われるので、為替の影響を受けやすいです。

つまり、円高の時には多くの金を買えますが、円安時は金購入量が減ってしまいます。売る時も然りですね

②預貯金や株式と違い、利息や配当を生まない。

金は絶対安全資産なので価格は安定しています。故に、ビットコインのように突然高騰したり、株式のように配当や金を持っているから得られる特権もありません。あくまで、何か起こった際に自分の資産を守る手段なのです。

お金を守るための金地金

ここまで、金投資の重要性についてお話ししました。一般的には自分の資産(預貯金等の合計)のうち10%は金で持った方が良いと言われています。特に日本に今後30年以上住む予定の人は特に!

今使用している紙幣や硬貨に絶対はありません。何か起こった際に自身の資産を少しでも傷つけないためには紙切れの紙幣や亜鉛や銅でできた硬貨ではなく金で持つ必要があります。

しかし、純然と金に投資したい人で短期的に投資したい人、利益を出したい人は金投資には向いてません。

1ヶ月で1万以上の利回りが欲しいと言う方は株式や外貨取引の方がオススメです。

まとめ

本日は金投資の重要性について説明しました。金投資にも様々な種類があって、証券で金投資を行うもの、貯まったお金を、金や宝飾品に交換してくれるタイプの投資、または金実物や金を採掘する会社に投資する投資信託[ゴールドファンド]等があります。

金投資を行う際は自分がどういう投資方法をしたいか考えて行ったほうが良いですよ!

次回は面白いネタをいくつか仕入れたのでそれらについて書きたいと思います!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする