お正月におせちを食べるべき本当の理由

こんばんは!ばっしーです!

もう今年も終わりということで、皆さんへの挨拶と共に僕が気になっていた記事を書きたいと思います!

皆さんの実家、あるいはご自宅でおせち料理は食べますか日本の伝統料理ですし、お正月は家族が集まったりする機会が多いので必然的に食べる機会も多くなると思います。

ですが、お恥ずかしい話僕はおせち料理なるものを食べたことがありません。なぜならうちの家系全員が反おせち派だからです!

そもそもなぜおせち料理を食べるのか。意外とちゃんとした説明しですよね!

おせち料理とはそもそも何か

おせち料理は、お正月に食べるお祝いの料理で、漢字では「御節料理」と書きます。

もともと五節句を祝うため、神様にお供えして、食べたものを「御節供(おせちく)」と呼んでいたことから、おせち料理は本来、お正月だけのものではありませんでした。江戸時代にこの行事が広まると、一年の節日で一番大切なお正月にふるまわれる料理が「おせち料理」と呼ばれるようなり、以後【おせち料理=お正月に食べるもの】になりました。

おせち料理の一般的なルールって

おせちは「めでたさを重ねる」という意味を込めて重箱に重ねて入れられます。最近は3段重おせちをよく見かけますが、おせちの重箱には一の重、二の重、三の重、与の重があります。「与」は本来「四」なのですが、日本特有の「四」は「死」を連想させて縁起が良くないという理由で「与」という字が使われています。

料理の詰め方についてもしきたりがあり、それぞれの地域や各家庭によって色々ですが、あくまで一般的には

一の重には「祝い肴」

おせち料理を詰める重箱には、一の重、二の重、三の重、与の重があります。
「与」は本来「四」なのですが、昔から言われるように「四」は「死」を連想させて縁起が良くないとされることから「与」という字が使われています。

料理の詰め方についてもしきたりがあり、それぞれの地域や各家庭によってさまざまだったりするのですが、ここでは基本的な詰め方の例を取り上げてみます。

一の重には「祝い肴」を入れます。

重ねた時に1番上にくる「一の重」には、祝い事にふさわしい祝い肴(ざかな)と口取りを詰めます。口取りとは、かまぼこやきんとんなど酒の肴になる甘めの料理のことです。

数の子

ニシンの腹子である数の子は、卵の数が多いことから「子孫繁栄」を願う縁起物とされています。

田作り

イワシの稚魚の佃煮。イワシを農作物の肥料として使用すると豊作になるという話から、五穀豊穣を願います。

黒豆

邪気払いの意味と、黒く日焼けするほど勤勉(マメ)に働けるようにとの意味があります。

たたきごぼう

地中深くに根が入っていくごぼうを食べて、家の基礎が堅牢であることを願います。

紅白かまぼこ

赤は魔除け、白は清浄の意味があります。祝い事にも紅白はよく使われますよね。

伊達巻

形が巻物に似ていることから、知識が増えるようにとの願いが込められています。

錦玉子

黄身と白身の2色が金と銀を表します。

昆布巻き

「こぶ」は「よろこぶ」という言葉と繋がり、縁起物とされています。

栗きんとん

豊かさと勝負運を願います。黄金の財宝に例え、実りある豊かな1年を願います。

二の重は「 焼き物」

この段は海の幸の縁起物を中心に詰めます。

ぶり

こちらは言わずと知れた出世魚。ぶりを入れることにより出世を願います。

もちろんこれは「めでたい」の語呂合わせです。七福神の恵比寿様も持っていることから、節日の食事には相応しいですね。

海老

長生きの象徴だと言われています。えびは長いひげをはやし、腰が曲がるまで長生きすることを願って使われます。漢字も「海老」なのでまさにその名の通りですね。

三の重は「酢の物」

紅白なます

水引をかたどっているとされ、平和を願います

ちょろぎ

「長老喜」「千世呂木」と書き、長寿を願います。

酢の物は地域や作り手によって入れる物が結構変わってくるので、差が出てくるかもしれません。

与の重は、「煮物」

れんこん

穴があいていることから、将来の見通しがきくようにと願います。

里芋

子芋がたくさんつくことから、子孫繁栄を願います。

八つ頭

頭となって出世をするように。また、子芋がたくさんつくので子孫繁栄を願います。

くわい

大きな芽が出てめでたい。こちらも子球が多くつくので子孫繁栄を願います。また、平仮名の「か」を「くわ」と表したので、くわい=かい=快から、一年を快く過ごせるように。

おせちの重要性と必要性

ここまでざっと書きましたが、あのお重の中にはこれほどまでの意味や願いが込められていたんですね〜。それを今まで食べずに25年間過ごして来た自分はなんなのだろうか…。

確かに作るのも大変ですし、コストもかかるので簡単にはいきませんが、逆に言えばそれだけかけてもたくさんの思いや願いをあの箱の中に詰めて食べることこそ重要であり、その文化があったからこそ今の我々があるということなのかもしれないですね。

皆さんはまた来年もよろしくお願いします!

おせちしっかりと噛み締めて食べてくだいね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする