ファーストクラスは噂通り快適で好待遇だった

こんにちは!ばっしーです!

前回のブログでも書きましたが、年末帰省する際にJAL国内線のファーストクラスを利用してみました!

「飛行機代だけですらなかなか高いのに、更に追加料金を払ってまで乗るものかな…。飛行機ってあくまで移動手段じゃん」と

以前の僕ならこの様に考えていたのですが、その概念はもう一切ないです。むしろ毎回乗りたい。

ではなぜこのような考えになったのかを聞いていただければと思います。

ファーストクラスはただ豪華なだけじゃない

皆さんもファーストクラスと言われれば、まず最初に想像するのが、広い席で優雅に座れることだと思います。

この画像のようにね!

確かに豪華で快適なのは間違いないです。でも僕が毎回乗りたいと感じている理由は実はここは少ししか関係ありません。飛行機に乗り降りする際のサービスと時間をどう使えるかが今後も利用したいと考えるの理由です。

本記事はJALの国内線ファーストクラスなのでANAや、他航空機のファーストクラスによってはサービスに違いが出ると思いますので悪しからず。

保安検査場でもストレスなく入場できる。

飛行機に乗る方なら一度は経験したことあるかと思いますが、混雑時や出発時刻が近づいて来た時など、保安検査場は飛行機に乗る人達がたくさん並びますよね?酷い時だとゲート潜るまでに30分以上待ったりする時もよくあります。

そのうち時間が迫りすぎて呼ばれたりもしますよね。僕も何回も経験があります。

しかしファーストクラスに乗る場合は、JALグローバル会員及びファーストクラス専用の保安検査場を使用するため一般座席の人達と違う場所になります。そのため列に並ぶ必要がありません。

なのでどんな時も待つことなくすんなりと入れます。

ワンランク上の専用ラウンジが利用できる!

空港のラウンジって何種類かあって、ゴールドカードで入場できる一般のラウンジ、JALの特別会員及び一部のJALカード会員が入れる【サクララウンジ】そしてファーストクラスの人が利用できる【ダイヤモンド・プレミアムラウンジ】などがあります。

一般のラウンジでも十分快適ではあるんですが、近年ゴールドカード持っている人が非常に多いので結構混雑していることが多いです。なので最近はサクララウンジを使うようにしています。航空会社専用のラウンジは一般のラウンジに比べ、入れる人が少なく基本空いています。

(ここがJAL専用ラウンジの受付になります。)

一般のラウンジではドリンクや軽いおつまみはタダで頂けて助かるのですが、JALサクララウンジはドリンクやおつまみに加え、ビール4種類程を無料で飲むことができます。

そしてプレミアムラウンジになると利用者は圧倒的に少なくなく、広く優雅な空間に加え、ドリンク、おつまみ、軽い軽食(パンやおにぎり)やスープを食べることができるんです!

空港に早くつきすぎて時間が余ってしまった時などは大変助かります!

当然のように僕もビールと軽食は頂きました(笑)

優先搭乗ができる

搭乗する際に、飛行機に乗れる順番としてはお手伝いの必要な人(怪我をしていたり)→JMB会員(JAL等で年間50回以上飛行機に乗るプロ)→ファーストクラスの順に乗れます。

普通座席やクラスJでも乗るまでに結構並んだり待ったりします。

「いやいや、別に乗るまで待つなんて普通でしょ?逆に待てないのかよ」

いやいや、この優先搭乗システムは使って頂ければ分かるのですが、待機時間なく飛行機に乗れるのって結構楽なんですよ!

搭乗が後の方になると、上にある自分の荷物入れるスペースがなかったりするこもあって、飛行機降りるまでに結構苦戦しますからね!

またこのように、ファーストクラスは飛行機の先頭にあるので降りる際は1番に降りれますよ!荷物が手荷物だけの場合等は、すぐ降りてそのまま待つことなく電車に乗れたりするので、普通の人より15分は早く行動できます!この15分が電車の乗り継ぎや接続を考えると大きすぎて…

一生に一度は使って欲しい

ここまで色々と書きましたが、ファーストクラスは乗っている間も十分快適で美味しい料理や、お酒を楽しむことができ快適な空の旅が送れるのですが、空の旅を送るまでや降りるまでも十分に満足できるサービスを受けられます。

ここまでいかに便利か、サービスが良いかを書いて来ましたが、羽田ー新千歳のファーストクラスは、普通座席に+8000円なのです。

8000円出してまで乗らないよという方もいらっしゃると思いますが、8000円出す価値は大いにあります。一生に1度味わうだけなら十分に意味のあるお金だと思います。皆さんもどうぞ1度試してみてくださいね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする