プロポーズの時に使うプロポーズリングとは婚約指輪のことではない!

こんにちはばっしーです!

皆さんプロポーズって、男性が跪いてポケットとかから箱を取り出し「僕と結婚して下さい」と言って指輪を見せるシーンが定番なイメージですよね?
あの時使われる指輪が婚約指輪というのが一般的です。でも実はプロポーズの時に指輪を渡さず言葉だけのパターンって思ってる以上に多いんですよ!
今回は、プロポーズリング、婚約指輪、結婚指輪の違いを説明させて頂ければと思います。

プロポーズリングは婚約指輪のことではないの?

今回の記事のテーマである、プロポーズリングと婚約指輪の違いをまず解説させて頂きます!
「プロポーズリング」とは、プロポーズ専用の指輪のことで婚約指輪(エンゲージリング)とは少し違うものになります。プロポーズリングとはその名の通り結婚を申し込む時即ち“プロポーズをする時”に渡すための指輪です。
では何故プロポーズリングが存在するのか

『プロポーズリング』を使用する理由

実はこれは日本の文化である“結納”が関わっています。
本来、婚約指輪は結納の時に初めてお披露目されるというのが原則でした。
正式に婚約したことの証明として、新郎から新婦へ婚約指輪が贈られます。
結納を日取りが決まっていれば、婚約指輪は身につけず結納まで新郎が持っているというのが通例でした。
しかし、最近では結納が簡素化されたり省略されたり、欧米のプロポーズ文化が入ってきたりと本来の結納の線引きが曖昧になってきました。
せっかく指輪を買って格好良くプロポーズしたのに、結納までその指輪はお預けです。一回返してください!なんて「は?」って感じじゃないですか?
それもあってプロポーズリングというものが普及したのです。

プロポーズリングのメリット


プロポーズは一世一代の大勝負で、指輪のサイズとかデザインとか慎重に選ぶと思うんです。長年付き合っていればパートナーの趣向や指のサイズなど測る機会も多いので、より適した物を選びやすいと思います。
しかしそれでもミスマッチは起こる可能性が0ではありません。せっかく高価な物を渡すのであれば、気持ちが大切とは言いますが、渡す方からしたら気に入ってもらいたいというのが本音です。
そこで活躍するのがプロポーズリングの3つのメリットです!

* プロポーズリングはスピーディーに用意できる。
* 彼女の指のサイズや好みがわからなくても大丈夫
* 婚約指輪より安価で購入できる

納期が早い

婚約指輪をオーダーすると、現物を手に入れるまで日数が結構かかります。しかしプロポーズリングは比較的、短期間で手に入ります。「ハイシーズンで指輪が間に合わなく、プロポーズしたい日までに購入できなかった…」というミスが防げます!

デザイン、サイズの変更ができる

プロポーズリングはあくまでプロポーズ時に使うものです!慎重に慎重に選んだんですが、「サイズが合わない…。」とか「その場では喜んではくれていたけど、彼女の友達伝でデザインへの不満を聞いちゃった…。50万もしたのに…」等の心配がありません!
それを踏まえた上で2人で婚約指輪を買いに行けばいいのですから!

婚約指輪よりも購入しやすい。

プロポーズリングの値段は、数万円前後で購入できるものが多いです!
「お給料の3か月分なんて出せない!まだプロポーズできないぞ…。」なんてことにならず、指輪を買って一生の愛を告げることが比較的容易にできます。(金銭的な意味で)

プロポーズリングへの批判

プロポーズリングという名前ではありますが「所詮婚約指輪の偽物でしょ!貴方の思いはその程度なんだ…」と思われる方もいらっしゃるでしょう。確かに一生に一度のプロポーズだからこそちゃんとした形でちゃんとした物をもらいたいと言う気持ちはわかります!
でも逆に言えば、パートナーのことを思うからこそプロポーズリングという形をとり、本当に満足のいく指輪を買ってあげたい。指輪を買えないからとプロポーズを先延ばしせず思いを伝えたい。プロポーズリングを渡す側にはこういった理由もあることを加味してあげると、より幸せな生活を送っていけるのではないでしょうか。

まとめ

今回はプロポーズリングについて記載しました!
プロポーズリング=プロポーズの時に使うもの
婚約指輪=正式に婚約が決まった時に買うもの
結婚指輪=結婚式の時に夫婦で交換し使用するもの

ざっくりと分けてこのような違いがあります。
今後皆さんがプロポーズをする時や、される時にこういうものがあるんだと覚えておくと良いかもしれませんね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする