安定した会社の【安定】を考えてみる

こんばんは!お久しぶりです!
以前のブログで僕が転職活動をしていることをご報告していたと思いますが、この度新しく会社が決まりました!

今回は恐らく人生で初めて本当にちゃんと企業選びをしたと感じてます!あくまで自己満ですが…

前回の記事で選ぶ際の注意点みたいな所を書いたので、今日は僕の活動体験談みたいな形で【この会社いいな!】と思った所を書いていこうかなと思います!

多くの人が求める安定

やはり働く上で自分としても、また恋人や配偶者等からしてもこの安定を求める人は多いですよね!
ベンチャーに勤めて一攫千金狙うのもありですが、相当な才能と力量がないと簡単ではないです。
ただ、今の時代どの会社だったら大丈夫とかはハッキリ言って無いです。どこに勤めても潰れる時は潰れます。
しかしながら、業績が悪くなっても踏ん張れる会社、業績が悪くなりにくい会社が存在します。

業績が悪くなっても踏ん張れる会社とは

経済が停滞した時や不況に陥った時、どうしても世の中全体が下降線になるので、比例するかのように業績は落ち込んでいきます。
そんな中でも倒産まではいかず踏ん張れる会社の特徴としては2点あります。それは

・優良な取引先が多い
・経常利益率が高い

という点です。

優良な取引先というのは?

業績の良い取引先であったり、昔からの付き合いがある先です。そもそもこういった取引先の割合が多い会社は業績は傾きません。

売上金をしっかりと回収できる会社であれば自社の支払等に影響することもないので見通しを立て計画的に事業を行えます。また仮に不測の事態によって、自社の業績が悪化し、取引先から購入した商品代金の支払いが少し遅れそうになっても長年の信頼関係により無理に回収されることなく融通を利かせてくれらことも多いです。(例外もありますが)

故に取引先は会社にとって色々な意味で非常に大切です。

経常利益の何が良いのか?

わかりやすくいうと、会社がどれだけ効率よくお金を稼げているかということです。
例えば売上が100億あったとします。売上100億ならすごいな!と思うかもしれませんが100億売り上げていても、経常利益が1000万とかだと話になりません。何故なら残りの99億9000万が経費として消えてることになりますからね。経費どれだけかかってんだよ!!どんだけ金融機関からお金借りてんだよ!!って話です。
逆に売上1000万円で、経常利益が500万とかであれば非常に素晴らしい会社だと思います!

目安としては売上の10%程度の利益を出せるのであればなかなかの優良企業だと思います。

この2点がしっかりしていれば僕の中では「あ、しばらくは問題なさそうだな…」と感じます。
まぁ細かく言えば、内部留保や事業分野等があってこの辺も非常に重要になりますがこれ僕の中ではこの2つで良いのではないかなと思います。

業績の悪くなりにくい会社とは

これは世の中がどんなに不況でお金が流通しにくくなってもあまり影響を受けない業界。つまり、日常的にかかるお金です。
代表的なところで言えば、インフラや倉庫業です。逆に言うとこれらは日常的に使われることが多いので、好景気時でも大きく変動して儲かることはありません。

ローリスク・ローリターンかハイリスク・ハイリターンに似た考え方ですね。

余談ではありますが、不景気下だと100円ショップの業績が上がることが多いです。これは我々消費者マインドによるものですね…。

まとめ

もし安定した企業に入りたい!!と思うのであれば今私が説明した点を参考にして頂けると良いかもしれません!
また、業歴の長さなんてのも1つの指標になるかもしれないですね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする